馬乗りが上手くなる為に物凄く大事な事!

みなさんは馬乗りが上手くなる為に形や基本にこだわりすぎてませんか?
それは私から言わせてみたらNOです!
確かにそのやり方で上手くいく人もいますがそれはセンスがある人です。なぜそのやり方だと上手くいかないかというと、リラックス出来ず体が硬くなってしまうからです。馬乗りは体を硬くして根性で乗る?
そうではなく、出来る限り体の力を抜いてバランスだけで乗るんです!分かりやすく言うとヤジロベエですね!では基本的な事は分かってもらったと思うので馬乗りで物凄く大事な事2点!お話します。
まず1つ目です。これが馬乗りや馬を扱ううえで色々な事が分かってくるので物凄く大事な事です。それは・・・下口にする!(馬の頭を)鼻が下に付く位まで下げさせる事です。正直これをやろうとするだけでも馬乗りは劇的に上手くなります。馬の頭が下がるという事は馬がリラックスしている。馬の腰がしっかり入ってる。ここで体を逃がしてくる馬は体のどこかが悪い可能性があるんです。ただ、下口にしてハミをガッツリかけなくても体を逃がさなくなったら馬の体もよくなって、ハミ受けも良くなって馬も乗りやすくなってきます。ではどうやって下口にするかですよね!軽速歩(競馬用語でダク)をする時にハミを抜き差しして馬の頭を下げさせます。ハミを強くかけてスッと抜く!それは馬によって加減が違います。色々やってみて下さい。どんな馬でも頭を下げさせるのに最低でも3年位かかるでしょう。でもいいんです!それをやる事が馬乗りが上手くなる近道なのです!
では2つ目です。馬に乗る形を簡単に知る方法です。人の体系は人それぞれです。背が高い人、足が短い人、太ってる人色々います。そう!人によって若干乗る位置や格好が違うんです!ではどうやってその位置を知るかという事をお教えします。それは、軽速歩をやってる最中にハミをスーッと取らせながらアブミの上に立ちます。そこで重要な事は膝から上を締めず、締めるなら膝から下を締め膝は力を抜き、反動を吸収するようにビヨンビヨンビヨンビヨンって感じ(なんて説明すればいいか分からなかった)にします。その体制が出来たらスッと腰を落とします。それがあなたの正しい馬に乗る位置です。馬に乗れてないなと思ったらその都度やってみると馬乗りの上達は早いかもしれません。
ではおさらいをしましょう。馬乗りを劇的に上達させるには

 

 

@馬の頭を下げさせる

 

 

A軽速歩の時にハミをスーッと取らせながらアブミの上に立ち膝をビヨンビヨンとさせられたらそのまま座る

 

これを読んだみなさんが劇的に上手くなるのを楽しみにしております。